つぶやき程度の日記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
Mulholland Dr. (2001)
Mulholland Dr. (2001) : trailer
 ← クリックで拡大でます


ぶっちゃけDavid Lynchの映画が好きではない。

好きではないと言う言い方には語弊があるか

David Lynchの映画 私は苦手なんだと思う。

彼の映画を観終わった後

いつも私は眉間にシワを寄せてしまう。

ただ単に私の読解力が乏しいだけの話なんだろうけど

彼の映画はどうにもこうにも難しい。

難解だから観賞後も暫く動く事が出来なくなってしまうのだ。


現に この作品もそうだった。

ちゃんと集中して観ていたのに置いてけぼりの私が居る。

どうしてこうなるの? とブツブツ言ってる私が居る。

夫に助けを求める。しかしいつもは頼りになる夫が

David Lynchの映画に関しては全く頼りにならなくなる。

従って私は別の何かを頼らなくてはならなくなってしまう。

今回はとうとう Wikipedia に助けを求めてしまった。


でもこれですっきり。

な〜んだ そう言う事だったのか。

ネタバレになってしまうけど

前半の部分は 彼女の夢 

後半が リアルの世界での出来事だったらしい。

本当は彼女 あんな風な人生を送っていたかったんだな

それなのにあんな最期を迎えてしまうなんて。。。

謎が解けた途端に とても切なくなってしまった。

人生 自分が思う様にはなかなか行かないものなんだなと。


しかし謎が解けてスッキリの私は

眉間のシワも消えて 心晴れ晴れなのだった。


ちゃんちゃん ねこ (なんぢゃそりゃ)
| 03:52 | 観た映画 | comments(6) | - |
Requiem for a Dream (2000)
Requiem for a Dream (2000) : trailer
 ← クリックで拡大でます


この映画良かったー

感動の涙を誘うと言う意味では決して無いけど。

例によって早速ブロガーのお気に入り映画欄に追加。

偉そうな事を言ってる場合ぢゃないけど

とにかく私の様な素人目から観ても 

完成度がめちゃめちゃ高いよね と思った映画。

(私的にはと言う意味。皆さんにはどうでしょか)


ドラッグ常習者の ハイな部分も ローな部分も

思い切りこれでもかと言う程に観る事が出来る

非常にメッセージ色の強い映画で

本当にビックリたまげた作品だった。


ドラッグの売人だったり

そんな彼を持つ女の子だったり

ダイエットピルを乱用する未亡人だったり

出て来るキャラクターは様々なんだけど

最終的に落ちる所まで落ちてしまうのは皆一緒。


今までも色々なドラッグ絡みの映画を観たけれど

この作品程ショックを受けたのは無かったかも。

自分はドラッグに手をつけなくて本当に良かった。


恐らく 軽い気持ちで入り込むドラッグの世界は

ちょっと後ろめたいけど何だか秘密な感じで

それがまた気持ちが良かったりもするんだろうけど

やはり楽しみには終わりも来る訳で。

どんな人であろうと ドラッグの世界は

行きはよいよい 帰りはこわい

まさにそんな所なんだろな と思ってしまった。

言葉を変えるなら

ホラー映画よりも怖い結末を迎えてしまう世界かと。
| 15:23 | 観た映画 | comments(0) | - |
Big Man Japan (Dai-Nihonjin ) (2007)
Big Man Japan (Dai-Nihonjin ) (2007) : trailer
 ← クリックで拡大でます


英語タイトルぢゃピンと来ないと思うけど

ダウンタウンの松っちゃんの映画。


このDVDのレンタルがこちらでも開始されると言う事で

早速頼んで やっとゲットした代物だったのに

夫がちょろっと観ただけで 価値無し と判断し

とっとと返却した と言う事があった。

その事を 私の兄にチクった所

うん。観なくても良いと思うょ とあっさり言われた。

そんな風に言われると 余計気になってしまい

何が何でも観てやるぞ と半ば意地になって観てみた作品。


世間の評判はどうだったのかは知らないけれど

私的には なかなか楽しめた映画だった。

巨人に変身した松っちゃんが怪獣と戦うと言う内容で

正直な所 感動もへったくれも無いワケだけど

全体的にドキュメンタリータッチで描かれていて

それが プププ的な笑いを誘い良かったのだ。

ただそのドキュメンタリータッチを楽しめるのは

ダウンタウンの松っちゃんを知ってるからであって

例えば 猫ちんにエサをあげるシーンや

例えば 松っちゃんが普通にバスに乗ってるシーンが

普段の彼の生活を垣間見れたかの様な気持ちになり

なんだか癒されると言うかプププな感じ なのだ。

全く誰が誰だか分からん状態の人が見たら

正直つまらないだろうな と。悲しいかな 思ってしまう。

だから夫は 価値無し と見なしたのであろう。。。


竹内力さん 何かの怪獣役で出てました。

やっぱり彼の目指す所は 力也さんなのか ねこ
| 07:26 | 観た映画 | comments(0) | - |
His Name Was Jason: 30 Years of Friday the 13th (2009)
His Name Was Jason: 30 Years of Friday the 13th (2009) : trailer
 ← クリックで拡大でます


今年で30周年を迎えるホラー映画『13日の金曜日』

Jasonと言うのはこの映画に出て来る殺人鬼:Jason Voorheesの事。

映画を観た事が無い人でも彼の事は見かけた事があると思う。

それくらい今やJasonは有名だもんなー すっかり。

続編もこの30年の間にゾクゾクと出来ていて 

今年は1のリメイク版も公開になった。

(ソレも観たけど良かったー♪)

Jasonはこの先も永遠に不滅よねーって事で

今作は 100%まるまる『13日の金曜日』

そんな感じのドキュメンタリー映画。

監督やキャスト等のインタビューを交え

今までのシリーズを振り返りながら

Jasonについてのエトセトラも学べちゃう

『13日の金曜日』ファンには見逃せない1作。

個人的にもこの映画は大好きなホラー映画の1つなので

凄く楽しめたし とても勉強になったし お得な作品だった。

ホラー好きなら絶対にオススメ☆
| 07:01 | 観た映画 | comments(0) | - |
Crank: High Voltage (2009)
Crank: High Voltage (2009) : trailer
 ← クリックで拡大でます


何も考えずに観られる娯楽映画。

基本的に流れは1と同じなので説明も要らないかと。

ただ 今回は続編と言う事で

よっしゃ 1を超える作品作っちゃおう!

そんな意気込みがもの凄く感じられる。

ただ意気込み過ぎちゃったかなと。

最初はゲラゲラ笑って観ていられたけど

途中から必死に彼等のテンションに付いて行ってた様な。

実は随分前に記事にしたけれど

このDVDレンタル開始日に夫の双子(兄)が

皆で一緒に観ようと わざわざ我が家に来ていた。

BBQして わいわいガヤガヤな雰囲気で

さてDVD観ましょかー と言う感じになり観てた訳だけど

DVD終了後。。。 ちーん あらら

見事 みんな疲れ果ててしまった。

これを観るにはお酒の力が必要なのかも。

シラフで観るのは ちょっと辛いかな

Jason Statham も Amy Smart も大好きだし

相変わらず好きな映画ではあるけど

ちょっと ちょーっとね

彼等のテンションが雲の上の方まで行っちゃってるので

思わず 戻ってきて〜 みたいな感じ。


そうそう。肝心な事を書き忘れてた。

この映画の音楽 実は私の大好きなバンド

MinistryのAlがやっている☆



↑ スミマセン 猫


大好きなバンドと言う点では

全く間違いは無いのですが

この映画の音楽は

Faith No MoreのMike Pattonでした。

Alがやってるのは違う映画です。

丁度同じ頃に両方のDVDを観てたので

勘違いしてしまいました。

心よりお詫び申し上げます。
| 09:44 | 観た映画 | comments(3) | - |
Duplicity (2009)
Duplicity (2009) : trailer
 ← クリックで拡大でます


うーん。

何がいけなかったんだろうか

キャストは豪華なのになー

個人的に いや 夫も

あまり楽しめなかった。残念 猫


ストーリー自体も何だか今イチ。

たぶんアイデアは良いんだろうけど

どうも腑に落ちない。混乱させられっ放し。

恋に落ちるClive OwenとJulia Robertsの間に

ケミストリーを感じる事さえも出来なかった様な。

だからJulia Robertsが囁く彼への愛も

どこか薄っぺらく 演じてる感が漂ってしまって

ロマンティックなはずのシーンも何だか しらけムード。

どうしたんだろ Julia Roberts

昔はもっと素敵な女優さんだったのにな

とっても残念なのだ。

しかし

何がいけなかったんだろー

観賞後こんな言葉が頭の中でグルグル回ってしまった。
| 13:07 | 観た映画 | comments(0) | - |
Last Chance Harvey (2008)
Last Chance Harvey (2008) : trailer
 ← クリックで拡大でます


これは良かったー 大満足☆

早速ブロガーのお気に入り映画欄に追加した。


そうなんだよなぁ

人生はいつ何処で何が起こるか分からない

だからどんな時も 今 を乗り越えないといけないんだ。

だってもし 今 が凄く悲しくて辛くって何をやってもダメで

ひょっとしたらこんな人生逃げ出したい なんて思ってたとしても

明日 は何かを運んで来てくれるかもしれないのだから。

それで その何か が

ひょっとしたら ジャックポット なのかもしれないんだし。

恋愛。仕事。金銭。 

どんなジャックポットか分からない。

ひょっとしたら ジャックポット では無いかもしれない。

1億円ぢゃなくって 1万円かもしれない。

ダイアモンドでなく ただの石ころかもしれない。

白馬に乗った王子様でなく 第一印象最悪な男かもしれない。

だけど明日を過ごさなくちゃ 何もわからない。

その石ころは 実はもの凄いもの凄い宝の原石なのかもしれない。

その嫌な男だって シャイな余りついつい嫌な態度を取りがちな

でも本当はとても優しい温かい自分にとっての王子様かもしれないんだ。

人生はいつだって遅過ぎるなんて事はない。

希望を失って何となく人生を歩んでるだけであっても

心の底から笑える 人生を楽しめる明日が来るかもしれないんだ。

明日を夢見る事を忘れないでこれからも生きて行こうと思う。


いやー それにしてもやっぱりこの2人は素晴らしい☆

Dustin Hoffman と Emma Thompson

すんなりと気が付いたら私はEmma Thompsonの役柄に入っていた。
| 03:37 | 観た映画 | comments(4) | - |
Mulberry Street (2006)
Mulberry Street (2006) : trailer
 ← クリックで拡大でます


もちろん幽霊とかも怖いけど

何が怖いってやっぱり天災や病気だなって思う。

今 特に地球温暖化とかで地球は狂って来てるし

新手のウィルスが出て来ても全然おかしくない状態。

菌が一旦身体の中に入ってしまったら

薬無しでは命を落とすだけって事にもなりかねない。

やはり1番は感染しない様に気をつける事だろな。


しかしこの映画の様にドブネズミが異常発生して

彼等に噛まれたら最後 ネズミ人間(ゾンビ?)ってのも

洒落にならない。絶対にお断りしたいもんだ。

我が家の辺りでも時々ネズミを見かけるけど

彼等がこういうウィルスを絶対に持ってないとは保証出来ない訳で。

案外危険はいつも間近にいるのかもしれないな 怖〜っ ブルブル
| 02:40 | 観た映画 | comments(0) | - |
The Closer : Season 1 (2005)
The Closer : Season 1 (2005)
 ← クリックで拡大でます


ずっと観たかったTVドラマ。

やっと鑑賞。実に4年越し!?


頭が切れる女性はやっぱり強い。

同僚から煙たい存在と思われても

これが仕事なのだから誰がどう思うとやるコトをやる。


凄いなー

私は情にもろく ついつい気を遣ってしまうタイプ

だから恐らく逆立ちしてもこういう女性には一生なれないだろう。

しかし こういう女性 実は嫌いぢゃなかったりする。

勿論 実際にこういう人と一緒に働いたら

将来的に胃を悪くしてしまうかもしれないけど

全く関わる事がない立場だったら万々歳で応援してしまう。

だけど一見取っつきにくいタイプって

実は凄く良い人だったりするよな〜 とか思ってみたり。

そして強く見えるタイプこそ 実は寂しがり屋で

甘えん坊な部分を持ってたりするんだよな とか思ってみたり。

。。。ってただ単に想像してるだけだけど ねこ


コチラ日本でも放送されてる模様。

ゆう★ クローザー:The Closer
| 13:49 | 観た映画 | comments(2) | - |
Notorious (2009)
Notorious (2009) : trailer
 ← クリックで拡大でます


Rapは正直詳しく無い。と言うか殆ど聴かない。

有名な人でないと勿論 名前さえ知らないし

例え名前を知ってても曲が一致しなかったり

ラッパー同士の繋がり等も何も分からない。

そんな私なので 今作は少し勉強になった。

暗殺された Notorious B.I.G. の映画。


東海岸側のラッパー達と西海岸側のラッパー達が

犬猿の仲だと言うコトを知ってかなりビックリ。

なんでかな。なんでそんなんなってるのかな。

私はロック好きなのだけど こんな話聞いた事が無い。

そんな事あるのかな 私が知らないだけなのかな

何故そんなに敵を作りたがるのか全く理解出来ず

ふと彼等自身にも分かっているのかなと疑問に思ったり

きちんとよく考えお互いを思い合えば

こんな無意味な暗殺も無くなるのではないのかなと思ったり

なにやらとても淋しい気分になる映画であった。

せめて自分だけでも己の中の平和を見失わない様にしよう ぐすん
| 12:49 | 観た映画 | comments(0) | - |